スポンサーサイト

  • 2015.07.18 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    猿つながりで

    • 2013.05.09 Thursday
    • 20:58
    こんな時もあった

    えっちゃんとピーター
    この犬はピーター。
    ちゃんと立つことも出来ないうちから一緒にいたから
    彼女も平気で。むしろ可愛がっていた。

    その後、違う犬でもやはり子犬の時から一緒なら大丈夫。
    犬が成長して、自分より大きくなっても、抱えて可愛がろうとする。
    身体が大きくても、子供だということを理解している、
    猿はすごいゾ。

    JUGEMテーマ:愛犬との日々
     

    ひよこ繋がり

    • 2013.05.09 Thursday
    • 20:32
    ひよこ が出たところで、
    こんなんどうでしょう?
    ひよこと1
    ずいぶん、昔(ざっと40年ほどか・・・
    シルビア捜査がまだ中学生とか、そのくらい昔)の写真だが。

    彼女の名前はえっちゃん。
    猿は人間に近いだけあって、感情もなかなか複雑なものを持っている。
    ♀だったため、母性本能も強く、異種であっても
    小さな生きものをみると可愛がろうとする。
    これは猿同士でも親愛の情やおべっかのためにするグルーミング。
    ひよこを可愛がっているのだ。
    ひよこと2
    どうもお尻が気になるらしい。

    ひよこと3
    ここでもやはり、お尻から。

    実は正面からいどんで、つつかれことがあるのだ。
    以来、くちばし系生きものには、かならず後ろからアクセスすることにしたのだ。
    どんなに相手が小さくても、くちばしを侮ってはいけないと学んだようだ。

    ちなみに、シルビア捜査官の娘も、赤ちゃんのころ
    えっちゃんに可愛がられていたのだ。
    もちろん、捜査官の娘だから人間であるが。
    ベビーベッドで赤ちゃんが泣いるのに素通りしようものなら!
    捜査官は叱られる。誰に?彼女、えっちゃんに。
    泣かせておくなと、注意されるというわけだ。
    そのくらい猿は高等なのだ。

    JUGEMテーマ:愛犬との日々

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM